補助金:拉致本を買い現物支給、今月中に=川崎市

川崎市は今月中にも、市内朝鮮学校2校への補助金の一部を、拉致被害者家族が書いた本などで現物支給する。2月の北朝鮮の核実験を受け、阿部孝夫市長が表明していた。

同市の市民・こども本部によると、現物支給するのは、北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父滋さん(80)と母早紀江さん(77)=同市川崎区=の著書3冊と、支援団体が作製した短編映画など2枚のDVDのセット(5000円相当)。2校に通う児童(約100人)がいる64世帯に配布する。

費用は昨年10月〜今年3月までの朝鮮学校児童等保護者補助金(児童1人あたり月額6000円)の一部を使う。本来は市が学校を通じて年度末に6カ月分(児童1人あたり計3万6000円)をまとめて現金支給していた。今年3月は3万円に減額し、減額分を著書、DVDの購入費に充てる。複数の児童が通う世帯は、最年長者のみ減額される。

市は「子どもの学ぶ権利は保障しつつ、川崎市として抗議の意志を示した」と話している。今年度も補助金を総額840万円を計上しており、現物支給するかどうかは検討中という。【高橋直純】

毎日新聞

※画像は朝鮮経済作成のイメージ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします