国連「朝鮮は食糧の年内不足分を既に確保」

国連食糧農業機関(FAO)は7月のレポートで、朝鮮が今年に十分な食料を確保したと明らかにした。中国の支援もあるが、朝鮮はアルゼンチンから大規模なトウモロコシ輸入を行っている。
資料によると、不足分65万7千tに対し穀物72万5千5百tの量を確保。その内訳は以下の通り

  • 中国:22万1千770tのトウモロコシ支援+お米
  • ロシア:3万4千tの小麦支援
  • アルゼンチン:44万6千1百tのトウモロコシ輸入
  • その他

レポートを作成したFAOのグンジャル博士は、朝鮮の食糧事情が大きく改善した、と展望を伝えた。

ソース:VOA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします