国際卓球韓国OPで南北コリアミックスペアが中国下し優勝。司会者「コリア!コリア!」

2018年7月17日から開催されている、韓国・大田での2018国際卓球連盟(ITTF)ワールドツアーコリア・オープンのミックス・ダブルスで南北統一チームが優勝した。北側のチャ・ヒョシム、南側のチャン・ウジンの両選手は7月21日中国ペアとの決勝戦に臨み、3-1で下し優勝。
その瞬間、南北がお互い抱き合う感動的なシーンに司会者は「コリアコリア!」と統一チームを祝福。7月の屈辱を晴らし、南北友好とスポーツが融合した感動の名場面が韓国から全世界に広がった。

優勝の瞬間、抱き合う南北の両選手。

女子ダブルス準々決勝で日本にストレート勝ち、かすみうペアと握手も

一方、20日の女子ダブルス準々決勝では、朝鮮代表チャ・ヒョシムキム・ナムヘのペアが「かすみう」こと石川佳純と平野美宇(世界ランキング8位)と対戦し、朝鮮がストレート勝ちしている。注目の対戦なのだが、なぜか日本では放送も報道もなく情報は少ない。

かすみうペアを破った瞬間ガッツポーズ。

笑顔で握手のあと、ハプニングも?

注目だったのは、試合終了のあと、朝鮮代表チャ・キムペアとかすみう選手同士が、お互い笑顔で握手、選手同士手を振って挨拶していたシーンだ。
特に目を引いたのは、試合後、主審に挨拶したあと、相手監督に挨拶に行くと思いきや、かすみうペアは朝鮮側監督席へ行くつもりではなかったようで、慌てて引き返しているた(上動画30分26秒あたり)。最後にお互いすれ違いざまにバイバイのゼスチャー。日朝の政治が冷え込む中、他の種目のスポーツでは滅多に見られない国際ステージでの日朝接触のシーンだけに、興味深いハプニングだった。

卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
朝鮮、日本、両選手が笑顔で握手。メディアでは取り上げられない珍しいシーンだ。
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
試合が終わり、主審に挨拶する朝鮮選手。その後ろから日本のかすみうペアが続く。
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
続いて日本選手が主審と握手。このあと…
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
主審との挨拶が終わり日本席に戻ろうとするが、同じ方向に朝鮮選手の背中が、ん??
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
私たちも挨拶に行かなきゃ、と慌てて引き返す様子が。
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
よく見えないが握手だろうか、日本側席で監督らしき人と接触する朝鮮選手の様子が映っていて、写真(動画?)も撮られている。
だいぶ遅れて、かすみうペアが朝鮮席に向かい。
卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
お互い、相手監督への挨拶が終わり、かすみうペアにバイバイする朝鮮ペア

卓球かすみうペアと北朝鮮ペーアが握手
日本側席に戻る笑顔のかすみうペア
監督の元へ戻り、試合の報告をする朝鮮の背中。

ツイッターの声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします